脇の黒ずみに悩まない|専用クリームと保湿でダブル効果

きれな背中を手に入れる

背中

ピーリングも試してみる

ニキビというと顔にできるだけではなく、体にもできてしまうことがあります。特に背中ニキビは気づかない間にできていますので、気づいたときには早めにお手入れをしておきましょう。悪化してしまうと改善が難しくなり、治ってからでも跡が残ってしまうこともあります。普段は洋服で隠れていて目立たない部分ですが、夏場はキャミソールなども着用しますので、背中はとても目立ってしまうこととなります。自分で見えない部分だからこそ、気をつけてお手入れをしていく必要があります。まず、ゴシゴシこすったり、つぶしてしまうとニキビ跡になりやすいので、あまり過剰に触らず優しくお手入れしていきましょう。シャンプーやトリートメントなどの成分が背中に残っていることも背中ニキビを悪化させることにつながりますので、しっかり洗い流しておくことも大事です。背中ニキビを治すためには、清潔を心がけることが大事ですので、丁寧に洗い、その後は余計な皮脂の分泌を抑えるためにも保湿ケアはしっかり行っておきたいところです。跡が残ってしまった場合はピーリング効果のある石鹸やジェル、ローションなどを使うこともターンオーバーの機能を促進させ、改善を早めてくれます。一度できてしまった背中ニキビの跡はすぐには消えるわけではありませんので、根気よくお手入れを続けていくことも大切です。保湿ケアを行うときも美白効果のあるタイプのローションやクリームを選んでおけば、背中ニキビの跡の黒ずみや赤みの改善に役立ってくれます。